ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その283 スマホのデザインは似通るもの?Xiaomiの開き直り株式会社K.S.D.

コピー。パクリ。模倣。

優れたアイデアやデザインは、後追いするものが現れるものです。

 

Appleの商品の歴史は、他社によるコピーとの闘いとも言えるかもしれません

古くは初代iMacの頃から、現在のiPhoneに至るまで、

いろいろなメーカーに模倣されてきました。

サムスン

世界中の裁判所で繰り広げているSamsungとの係争は、

ニュースで報道される事も多いので、ご存じの方も多いかもしれません。

 

最近、特にAppleのコピー度合いが高いと囁かれるのは、

中国のXiaomiです。

これを見てください。

左がXiaomiのMi4、右がAppleのiPhone5S。

MI VS iPhone

ソックリでしょ。

 

Xiaomiのコピーは、これだけじゃないんです。

詳しくは、下記のリンク先を見て頂くと分かりますが、

もはや、真似ていないところを教えてくださいと言ってしまう程です。

iPhone Mania: 比べてびっくり!!Xiaomiによる見事なまでのAppleの「パクリ」っぷり

そんな中、Xiaomiの副社長、Hugo Barraは、Bloombergのインタビューで

開き直りとも思えるような発言をして、話題を集めています。

この中で、「スマートフォンのデザインは似通ってしまう」と持論を展開

「スマートフォンの四隅を丸くし、 どこかにホームボタンをつける必要がある」

「そんな当たり前のデザインを、ある会社が主張するなんて、おかしい」

 

ちょっとぼかしているものの、

iPhoneのデザインに似せているのではないんだと言うのです

ちょっと強引ですけど。

 

今や、中国国内ではAppleと肩を並べるシェアを持つXiaomi

将来に向けて、イメージアップを図りたいところなんでしょうが、

あまり効果がなく、かえって悪あがきに見えます。

 

本体の性能は優れているとも言いますし、

ちょっと残念な感じがします。

もっとXiaomiの個性が出てくるといいと思うのですが、

どうでしょう?

 

では、また。

コメントは利用できません。