ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その278 Apple Store、商品の陳列棚に異変?株式会社K.S.D.

Apple Store

Appleが、実際に製品に触れられ、

商品知識に詳しいスタッフから説明を受ける事もでき、

かつその場で購入もできるスペースとして展開してきました。

AppleStore表参道

現在では、日本に9店舗、世界中で400店舗以上を展開する

一大チェーンです。

 

店内は、Appleの製品同様

シンプルかつスマートなデザインで統一されたスペースになっており、

他のメーカーのショップとは一線を画しています。

このブログをお読み頂いている方の中には、

Apple Storeに行かれた事のある方も多いと思います。

 

そんなApple Storeに、先週動きがありました。

一部サードパーティーのパッケージデザイン

Apple製品と同じ白を基調としたものに統一させました。

例えば、こんな感じ。

Apple Storeパッケージ

そして、実際に店舗に並ぶと、こうなります。

Apple Storeパッケージ

おおつ。いいんじゃないですか、すっきりしてて。

今後、Appleは、自社製品だけではなく、

Storeに並ぶサードパーティーのデザインにも、

こだわりを強めてゆくようです。

 

私見ですが、Apple Storeのビジネスモデル

高級ファッションブランドの店舗展開に、ヒントを得ていると思うのです

そう考えると、そのメッセージ性を強めてゆく中で、

自社の製品だけではなく、サードパーティーの製品にも、

そのコンセプトを当てはめてゆくのは、当然の流れなのかもしれません。

 

これも、Appleの商品デザインを仕切ってきた、

ジョナサン・アイブがChief Design Officerとして、

Apple全てのデザインに関与する役職に就いた事による変化の1つかも。

今後も、ジョナサンのデザイン哲学が、様々な形で示される事になりそうです。

 

では、また。

 

※参照 9to5 mac

 All Apple Stores revamping third-party accessory selection with Apple designed boxes

 First look: Apple designed packaging for third-party accessories arriving at Apple Stores (Gallery)

コメントは利用できません。