ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その269 Apple Music、サービスまもなく開始!株式会社K.S.D.

WWDC2015で発表され、サービス開始が待たれているApple Music

アメリカ時間の6月30日午前8時、日本時間で7月1日午前0時、

いよいよサービス開始です。

同じタイミングでアップグレードが開始されるiOS8.4にすると、

自動的にMusicアプリがアップデートされ、

Apple Music対応になります。

 

WWDC2015で華々しく発表され、

順調に準備が進んでいると思われていたApple Musicですが、

突然激震が襲います。

そのきっかけは、テイラー・スイフトブログでした。

 テイラースイフト

彼女の言い分はこうです。

Apple Musicの無料お試し期間の3ヶ月間、

アーティストへの支払を免除する事は、ただ働きと同じ。

考え直してくれないなら、Apple Musicには楽曲を提供しない」と。

 

彼女の主張は、アーティスト側の立場からは、至極当然のものです。

Appleは素早く対応、すぐさま副社長エディー・キューが、

無料期間内の使用料支払いを約束する声明を出し、方針の変更を発表。

呼応する様に、テイラー・スウィフトも、感謝の言葉とともに、

Apple Musicへの楽曲提供を発表。事なきを得ました。

https://twitter.com/taylorswift13/status/612841136311390209

今回、Appleの対応が素早く、そのアーティストサイドに立った判断を下した事は、

Apple Musicへの好感につながる結果をもたらしています。

事実、Apple Musicに懐疑的とされていたインディーズのレーベルからも

参加が決まるなどの動きも現れつつあります

 

と、ここまでならいい話なのですが、そこに水を差す意見が現れました。

今回の一連のやり取りは、全て出来レースだったと。

そう主張するのは、アメリカのネットラジオPandoraの創業者の1人、トム・コンラッド

確かに、定額ストリーミング配信では後発のAppleにとって、

あちこちのニュースで取り上げられた事は、良い宣伝になりました。

加えて、他のストリーミング配信に楽曲を提供していないテイラー・スウィフトが、

Apple Musicには提供する事が広く知られたのは、紛れもありません。

 

この出来レース説の真偽はわかりません

皆さんは、どっちだと思います?

自分はちょっと本当かもって感じがしています。

いくつかのシナリオが考えられており、

その中の1つが実行されたように思えます。

 

実際、今回の騒動で損をする人間はいません。

Appleも、テイラー・スイフトにも、充分メリットがありました。

そして、レーベルも実入りが減る訳ではないのです。

他のストリーミング配信会社と条件が一緒になっただけなのですから。

最近のAppleは、いままでよりも大人な振る舞いを見せてきますね。

 

では、また。

コメントは利用できません。