ブログ
Pocket

Appleユーザー、今昔物語:その265 時計業界に、Apple Watchショック!株式会社K.S.D.

恐るべき破壊力!ここまで影響があるとは思いませんでした。

Apple Watchが本格的に出荷され始めた5月、

スイス時計業界の売上に大打撃を与えていた事がわかりました。

Apple Watch

業界筋の発表によると、輸出量ベースで前年比8.9%の減少、

売上高では19億ドル(約2300億円)減少したとの事。

特に影響が大きかったのは、

これまでスイスの時計を最も取り扱ってきた香港です。

前年比33%を超える程の過激なものでした。

リーマンショック以降、数年ぶり販売が大きく落ち込んだ事実は、

スイスの時計業界を震えあがらせています。

 Oh No

その原因として考えられているのが、

スイスフランの高騰Apple Watchの発売開始です。

輸出業にとって為替レートの高騰は、

販売価格の上昇に繋がるので、販売数に影響が現れるのはわかります。

そこに、Apple Watchという黒船の襲来が加わり、

このような大きな影響として現れているのでしょう。

 

さらに、今週末26日金曜には、

いよいよ自国スイスでのApple Watchの販売がスタートするのです。

この結果次第では、今まで平静を装っていたスイスの時計メーカーも、

スマートウォッチ開発本腰を入れてくるかもしれません。

このブログでも紹介していたタグ・ホイヤーブライトリング以外にも

今後、様々なモデルが登場してくる予感がしてきます。

Breitling B55 Connected

Frederique Constant

今後も続く、Apple Watchとスイス時計メーカーとの対決。

第2ラウンドが楽しみです。

 

では、また。

コメントは利用できません。