ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その261 いざという時に、あなたを守るiPhoneケース? | 株式会社K.S.D.

いきなりですが、護身用の道具と聞いて、あなたは何を連想します?

ブザーにスプレー、色々あると思いますが、

中でも究極はスタンガンではないでしょうか?

スタンガン

スタンガンは、襲いくる相手に向けて、強い電気ショックを与えて、

抵抗力を奪ってしまう過激な道具として、知られています。

 

ただ、このスタンガン、ちょっとごついのが、残念な処。

だから、カバンの奥底にしまわれてしまって、

いざと言うときになかなか取り出せなかったりと、宝の持ち腐れでした。

 

このスタンガンの機能をiPhoneケースに組み込んだのが、

今回ご紹介するYellow Jacket Case

 

ご覧の通り、ぱっと見では、ちょっといかついiPhoneケースにしか見えませんから、

これなら、周りの人にも怪しまれる事もありません。

Yellow Jacket Case

普段は、iPhoneを充電できるケースとして使用しますが、

身の危険が迫ったら、95万ボルトの電撃を放つスタンガンに早変わり。

Yellow Jacket Case

ケース上部に電極があるのがわかりますか?

ここから、電撃が放たれるんです。

うわっ!これは凄い!バチバチいってますね。

 

もし、誤って作動しないか心配される方もおられるでしょうが、

いきなり作動しないよう、安全装置を備えているので安心です。

ポケットの中で勝手に作動したら、たまりませんから。

 

この発想、やはりアメリカならではですね。

身近なものと護身用の道具を組み合わせてしまうなんて。

 

ちなみに、日本での販売価格は、1万9千800円(税別)。

対応機種は、iPhone5&5S になります。

詳しくは、日本の輸入代理店PODのサイトをご覧ください。

 http://pod-e.com/Yellow%20Jacket.html

 

なお、日本では、一部の条例で禁じているところを除くと、

スタンガンを持つこと自体は違法ではありません。

しかし、意味なくみせびらからしていると、

正当な理由なく所持していると判断され、

罪に問われる可能性があるそうです。

ご注意くださいね

 

では、また。

コメントは利用できません。