ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その260 Googleにパンチをお見舞い?アド・ブロック | 株式会社K.S.D.

WWDC2015で発表された中で、あまり目立ってはいませんが、

実は、今後大きな影響をもたらしそうな事があります。

WWDC2015

それは、iOS9Safariに組み込まれるという強力なアド・ブロックです

App Storeからアドオンをインストールする事で、

広告やクッキー、ホップアップ、リソース等々望まないものを表示できなくするものとされています。

 

Webの進化と共に、様々な手法が登場した広告の分野。

その手法は複雑化し、こちらが好むと好まざるにかかわらず、

サイトのあちこちに現れてきます。

 

こうした広告をブロックするアド・ブロックは、

私たちユーザーからすると、とてもありがたい機能なのですが、

広告業界からすると、戦々恐々です。

 

特に、Googleは、このアド・ブロックの影響が計り知れないと考えられています。

なぜならば、Googleのモバイル関係の広告収入のおよその3分の2は、

iPhoneユーザーがもたらしていると試算されているからです。

google

仮に、iPhoneユーザーの多くがアド・ブロックが使用した場合、

Googleの広告収入の減収は、少なくないはずです。

 

ただ、このアド・ブロック。機能するには、Safari上のみです。

同じくiOS9で登場するニュースキュレーションアプリ、Newsでは

例外になっています。

News@iOS9

このNews上の広告は、Apple自身がiAdにて管理しているんです。

ちょっと大人の事情が見えすぎな感じです。

CEO ティム・クックの抜け目ない戦法が、ここにも現れているようです。

そこは、先代スティーブ・ジョブズにはなかった処かもしれません。

ジョブズの場合、気にくわない相手には、けんかをふっかけそうですものね。

 

では、また。

コメントは利用できません。