ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その258 後はフェードアウト?iPodの行く末 | 株式会社K.S.D.

WWDC2015で華々しく発表された、Apple Music

さまざまなメディアで取り上げられ、

いやがおうにも、サービス開始に向けて期待が高まりつつあります

Apple Music

その裏で、ますますその存在感が薄くなりつつあるのが、iPodです。

Apple Musicの発表とともに、Appleの公式サイトがリニューアルしました。

皆さんも既にお気づきかもしれませんが、

よく見ると、サイト上部にあるメニューから、iPodの名前が消えているのです。

 

では、iPodのページがなくなってしまったのかというと、そうではありません。

 Apple Musicページの一部として組み込まれています。

そのページからリンクして、iPodのページが開く構成です

その他のアクセサリー商品と一緒の扱いなんです。

 

なんだか、スタープレイヤーの人生を見ているような気がします。

かつて、Apple復活の一翼を担い、

Walkmanなどのライバルを蹴落とし、MP3プレイヤーの頂点を極めたiPod。

 iPodシリーズ

その牙城を崩したのは、同じAppleから登場した、iPhone

電話としての機能に加え、iPodの機能であった、

音楽や動画の再生も出来る優れものでした。

いつしか、iPhoneの爆発的なヒットの中、

iPodは、iPhoneのサポート役へと役割が変わってゆきました。

iPhone

iPodの今後はどうなるのでしょう。

昨年秋、iPod Classicがひっそりとラインナップから姿を消したように、

このまま緩やかにフェードアウトさせてゆく事になるのでしょうか。

ipod  classic

初代のiPodからClassicまでのユーザーだった自分としては、

とても寂しい思いです。

 

では、また。

コメントは利用できません。