ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その257 みんなが知りたい、Apple Musicまとめ | 株式会社K.S.D.

今回のWWDC2015で発表された内容の中で、

一番注目されているのは、やはりApple Musicでしょう。

Apple Music

音楽をダウンロード購入するスタイルを当たり前のものとしたAppleが、

新たに月額定額制のストリーミング配信を始めようというのですから。

今回のブログでは、皆さんが知りたいApple Musicについて

今わかっている事をまとめておさらいしてゆきます。

来たるべき日本でのサービス開始に備えましょう。


1.サービス開始は、6月30日。日本は?

Apple Musicサービス開始予定は、今月末6月30日

世界100カ国で同時スタートします。

日本でのサービスも同時スタートが予定されている模様です。

 

問題は、参加するレーベルの数でしょうか。

こちらは、大人の事情が絡んで色々面倒そうですね。

日本は、まだまだCD販売が強いと言いますし。


 

2.iOSユーザーは、アプリ「ミュージック」で利用。Apple初のアンドロイド対応も!

Apple Musicは、近日中にアップデートが予想されるiOS8.4にて

操作画面を新しくする、アプリ「ミュージック」にて利用できます。

他には、iTunesがインストールされたMacintoshWindowsでも楽しめます。

 

更に、Appleのアプリとしては初めてAndroidにも対応します。

アプリの登場は、今年の秋頃との事。


 

3.月々の使用料は、9.99ドル(約1,200円)

Apple Musicの使用料は、月 9.99ドル。日本円で1,200円ほど。

無料で楽しめるのは、後述するConnectBeat1ラジオだけです。

但し、最初の3ヶ月はお試し期間として、無料になっています。

また、ファミリーメンバーシップというセット料金も設定されています。

(最大6人まで利用可能。月額14.99ドル)


4.Apple Musicだけのサービスは、期待大

Apple Musicが他のストリーミング配信サービスと異なるのは、その多彩なサービスにあります。

Apple Music

Connect: アーティストとファンの関係を近づけるためのサービス。

 ざっくり言うと、Apple Music内のSNSみたいなものです。

Beat1ラジオ: 24時間ノンストップで流されるラジオ。有名DJ達が選曲するプレイを楽しめます。

 こちらとは別に、有料メニューのApple Music Radioもあります。

キュレーション予め設定した好みや、今までの購入履歴から、

 自分にあわせた音楽をApple Musicがセレクトしてくれます

 この機能、実は一番気になっています。

 日本で始まったら、早速試してみたいサービスです。


ざっとご紹介してきましたが、いかがでしたか。

Appleがこれからの音楽配信サービスを見据えて生まれたApple Music

登場がまちどおしいですね。

 

では、また。

コメントは利用できません。