ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その250 幻のApple Iが眠っていたのは? | 株式会社K.S.D.

ガラクタばかりと思っていたら、実はお宝が眠っていたなんて、

どこぞのおとぎ話?くらいあり得ない話が、まさかの現実になりました。

 

その舞台となったのは、アメリカ カリフォルニア州のリサイクルショップ Clean Bay Area

ひとりの老婦人が訪れ、なくなった旦那さんの遺品を処分してほしいというのです。

それは、ガレージにしまわれていた家電製品たち。

要らないので、引き取ってほしいとの事。

一見すると、あまり価値のなさそうなものばかり。

 

そのご婦人、いろいろ思うところがあったのでしょうか、

受け取りの署名も、連絡先の登録もせずに、

立ち去ってしまったそうです。

 

そんな扱いだったので、ショップの店員達もあまり関心が無く、

そのまま数週間ほったらかしになっておりました。

しかし、その遺品を調べてみると、実は驚くべきものが眠っていたのです。

 

ほんのわずかしか生産されず、現存する台数はごくわずかしかない、

Apple幻の初号機 Apple Iです。

最終的には、個人のコレクターが20万ドル、日本円にして約2400万円で買い取られたのでした。

Apple I

Apple I

驚いたのは、ショップ側。

最初は、本当にコンピュータなの?と疑っていたような品が、

ビックリするような値段で売れてしまったのですから。

 

現在、このショップでは、売上の半分である10万ドルを

ご婦人にお返ししたいと、呼びかけています。

 Clean Bay Area blog : CleanBayArea on NBC to give $100,000 back to the owner of Apple 1 computer

もしかして、あなたの家の押し入れにも、もの凄いお宝が眠っていたりして。

ちなみに、自分の家にはありませんでした。残念。

 

では、また。

コメントは利用できません。