ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その25 振り返れば奴がいる~Appleとライバルたち | 株式会社K.S.D.Appleには、いつも仮想敵とも言えるライバルがいます。

ライバルというと聞こえはいいですが、

ビジネスの世界ですから、小説やコミックのように美しい世界ではありません。

熾烈な争いが、いつも繰り広げられてきました。

 

Round.1 IBM

最初のライバルは、当時世界最大のコンピュータ会社、

巨人の異名を持ったIBMでした。

imgres

Macintosh発売時の伝説的なCMでは、

小説「1984」に登場する独裁者「ビックブラザー」にIBMをなぞらえ、

Macintoshは、IBMの独裁を打ち砕く革命戦士であると、

大胆なメッセージを発信したのです。(IBMと名指しこそしていませんが)

※これがそのCM。(スクリーンに映っているのが、ビッグブラザー)

驚くのは、その後、IBMがCPU(PowerPC)の製造元となって、

協力関係になるのです。

昨日の敵は今日の友」を地で行く流れには、

当時の自分は面食らったものです。

 

Round.2 Microsoft

次に登場した相手は、ビル・ゲイツ率いるマイクロソフトです。

imgres

IBM PCに搭載されたMS-DOSで急成長し、

Windowsにてその地位を不動のものにしたマイクロソフトとは、

長い間丁々発止を繰り広げています。

かつてのkeynoteでは、ことある度にWindowsマシンとの比較を行って、

Macintoshの優位性を強調していました。

 

また、機能比較をおどけたタッチで表現したキャンペーンCMでは、

露骨にWindows系の野暮ったさをdisってました。

結果、パソコンの分野ではマイクロソフトの席巻を許しましたが、

スマートフォンではAppleが先行、マイクロソフトが後塵を拝したりと、

両社の競い合いは、今も続いています。

 

しかし、スティーブ・ジョブズがAppleに復帰した際、資金援助を行い、

OfficeのMacintosh対応版の開発を決めてサポートしているあたり、

1980年代から続く、スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツの

腐れ縁な関係が垣間見えたりします。

 

Round.3 Google

そして、現在のライバルは、スマートフォンの分野で

今まさに真っ向勝負を繰り広げている真っ最中のGoogleです。

google

最近和解するまで、お互いにスマートフォンにおける特許侵害を主張して、

裁判を繰り広げていました。

 

かつて、GoogleのCEOがAppleの社外取締役を務めていて

盟友関係にあったことなど、今では考えられませんね。

 

さて、こうして振り返って見ると、いずれも強敵ばかり。

Appleがつぶれずに生き残っているのは、すごいことですね。

 

では、また。

コメントは利用できません。