ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その246 iOS9、WWDC2015でお披露目? | 株式会社K.S.D.

WWDC2015の開催が間近に迫る中、

次のiOSであるiOS9についても、徐々に情報が出てきています。

 

テーマは、安定化と最適化?

 iOS7、8と大きな変化を遂げてきたiOS。

しかし、今回のiOS9では、新機能の追加を抑えて、

OSの安定化最適化に重点が置かれているようです。

 

振り返ってみると、iOS8は、これまでになく、

動作上のエラーについての報告が多かったように思われます。

iOS8

ダメ押しは、iOS8のバージョンアップの際に発生した接続エラー。

あれは今まで目立ったトラブルの無かったiOSにとって、

大きな汚点となりました。

 

それ故、OSの見直しをしておくのは、

正しい判断とも思えます。

 

iOSのライトウェイト番が登場?

もう1つ特筆すべき点は、過去の機種でもサクサク動かせるように、

軽量化したバージョンのiOSが登場するのではないか?というニュースです。

 

今まで、過去の機種へのサポートを早々に終了させてきたAppleでしたが、

ここへ来て方針を変えてくるようです。

 

推測になりますが、Appleの重要なマーケットである中国で、

iPhone4s5がまだ現役として利用されている事が、

その理由の1つかもしれません。

 iPhone4s

Apple としては、この辺りのユーザーをばっさり切り捨ててしまうと、

iPhoneから乗り換える可能性のあるユーザーが

無視できない数になると見込んでいるのではないでしょうか。

iOS9軽量化バージョンで延命処置している内に、

iPhoneの新しいモデルへ移行してゆくのを待っているのかもしれません。

 

昨年のWWDC2014で、iOS8について発表があったように、

今年のWWDC2015では、iOS9がお披露目されるでしょう。

さて、真相はいかに。

 

では、また。

コメントは利用できません。