ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その233 Appleが検索エンジンに進出? | 株式会社K.S.D.

Googleに代表される検索エンジンが、

日々刻々変わってゆくネットに対応できるのはなぜでしょう?

google

それはネット上に、常時webクローラーというプログラムを走らせ、

データを更新し続けているからなのです。

 

それ故、いわゆるSEOと言われる、サイトの検索エンジン対策では

このwebクローラーがチェックしている部分は、

しっかり作成しておくように言われる程です。

 

最近では、Apple製のwebクローラーの存在が噂されていました。

いくつかのサイト管理者からの報告によると、

IPアドレスが17から始まるそのプログラムは、

Appleが所有するものと考えられていたのです。

 

この度、Appleは自社のサポートページを更新し、

自社製webクローラーの存在を公式に認める発表を行いました。

Apple - Applebot について

この説明を読む限りでは、

Applebotは、iPhoneで使用されている音声認識アプリのSiriや、

Macintosh上の検索に使われるSpotlight精度を高めるため

使用していると言うのです。

 Applebotについて

ん?本当にそれだけって思う人もいるかもしれません。

GoogleがAndroidを擁して、iPhoneに挑んできたように、

その逆だってあるのではないかと考えても不思議ではありません。

でも、自分は、近い将来においては、その可能性は少ないと考えます。

Android

検索エンジンのポイントは、収集してきたデータをどう分析するかにあります。

その点において、グーグルには長年培ってきたノウハウが蓄積されています。

新規参入するにしても、この点をクリアする為には、

既存の会社の買収等の大きな投資が必要になるでしょう。

札束

また、CEOティム・クック自ら、

Appleの顧客情報は、すなわちAppleの商品ではない」と、

ウォールストリートジャーナル紙に語っている事からも、明らかだと思います。

Wall Street Journal: Apple CEO Tim Cook: Your Data Is Not Our Busines

皆さんは、どうお考えになりますか?

 

では、また。

コメントは利用できません。