ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その232 変化の核心、WWDC2015まで1ヶ月 | 株式会社K.S.D.

みなさん、GWはいかがでしたか?

楽しめましたか?

 

最近、このブログでは、AppleWatchの話題が中心でしたが、

本日は、ひさしぶりに別の話題を。

来月6月に行われるWWDC2015について取り上げます。

 

今回、話題を集めそうなテーマとなりそうなのが、

昨年から噂され続けている、新しいコンテンツサービスです。

iTunes Storeにてコンテンツのダウンロード販売という

新たなスタイルを確立したAppleですが、近年、新しいサービスに押されつつありました。

その巻き返しを図ろうと、新たなサービスを始めようというのです。

 

その一つが、月額定額制のストリーミングサービス

昨年、beats musicを破格の金額にて買収したものの、

今まで目立った動きを見せていませんでした。

beats music

遂に、Appleもストリーミングサービスに本格的に参入する事になります。

現在、レコード会社各社との条件調整が進行中と囁かれており、

WWDC2015直後のサービス開始を目指しているようです。

 

もう一つは、Apple TVのリニューアル。

今までは、iTunes Storeで購入したコンテンツのサーバー的な役割でした。

Apple TV

リニューアルによって、いろいろな放送局や各種チャンネル

ケーブルTV等と契約する事なく

Apple TVだけで見ることが出来るようになります。

当然、iPhoneiPadMacintoshとの連携もあるでしょうから、

いろいろな楽しみ方が出来るようになるはずです。

日本での展開も楽しみです。

 

WWDC2015まで1ヶ月。

今後も、気になるニュースがありましたら、

随時お知らせしてゆきますね。

 

では、また。

コメントは利用できません。