ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その223 ようやく触ってきましたよ、Apple Watch! | 株式会社K.S.D.

なかなか予定が合わず、

実際にさわる機会のなかったApple Watch

ようやく事務所の近くの某量販店にて、体験してきましたよ。

Apple WatchモデルSportsモデルを。

Apple Watchモデル

Apple Watch Sportsモデル

あちこちのレビューで紹介されていたように、

腕時計としてのクオリティは、バッチリ。

ちゃんとしていますね。

過剰な派手さはなく、落ち着いた品のある感じに仕上がっています。

 

着けごごちも腕にしっくりくる、いい感じ。

 バンドの締まりも申し分ありません。

Appleが、時計とは何かをよく研究してきた事がわかります。

 

さて、皆さんも気になるはずの、AppleWatchの使い勝手

iPhoneと比較すると、少々クセがあります

 

それは、デジタルクラウンの存在です。

個人的には、iPhoneのホームボタンに、

さらに機能が追加されたような感じに思えました。

Apple Watch-デジタルクラウン

このデジタルクラウンを押したり、回したりする事で

様々な動作が行える様になっています。

デジタルクラウンが使いこなされるようになれば、

さしずめAppleWatchマスターといったところでしょうか。

 

では、AppleWatchは、何ができるのしょうか?

ざっくりと言い切るのなら、

現時点では、iPhoneを補助するような機能と、

心拍数など体内機能をモニターする機能がメインです

 

その意味で、AppleWatchは、iPhoneのデビュー時に似ているようです。

iPhoneも最初はどう使って良いか、みな半信半疑でした。

しかし、アプリを得て、思い思いの使い方が生まれ、

爆発的に世の中に広まっていきました。

iPhone6&plus

Apple Watchも同様に、

使い方を皆で編み出してゆきましょうというメッセージが

秘められているように感じ取れました。

ちょっと考えすぎでしょうか?

 

では、また。

コメントは利用できません。