ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その222 このiPadに神のご加護があらん事を | 株式会社K.S.D.

何だかありがたみも増しているような。

 

キリスト教の最高位とされる、ローマ教皇フランシスコ氏が使用していたiPadが、

チャリティーの為、オークションに出品されておりました。

REUTERS-Papal iPad fetches $30,500 at auction in Uruguay

ローマ教皇とiPad。ちょっと意外な組み合わせです。

教皇様も、タブレットお使いになられるんですね。

 

こちらが、出品されておりましたiPad。

 ローマ教皇フランシスコ様のiPad

法王ご本人なのか、それともお付きの方のご指定かはわかりませんが、

外付けのキーボードをご利用されておられていたようです。

なかなかに通なお使い方ですね。

 

背面には、教皇様のお名前の刻印がなされている貴重なもの。

 ローマ教皇フランシスコ様のiPad・背面

もちろん、証明書もついています。

 ローマ教皇のiPadである証明書

このiPad、ウルグアイのThe Castellsというオークションで出品され、

落札価格は、3万5千ドル

日本円に換算すると、およそ420万円と、これまた破格。

 

このオークションの落札者は、

教皇ご本人から、世の中に役立つようにと直接手渡されたとの事。

結果、落札したiPadは、ウルグアイの高校に寄贈され、

落札金は同じくウルグアイの学校へ寄付される事になりました。

 

とかく、宗教とテクノロジーとは、

両極におかれる事が多いのですが、こうした協力は、素晴らしい事ですね。

 

では、また。

 

おまけ:今回、「ローマ教皇」とお呼びしておりましたが、

あれっ?と思われたかもしれません。

日本では、一般的に「ローマ法王」と呼ばれていますが、

正式には、「ローマ教皇」とお呼びするそうですよ。

カトリック中央協議会-「ローマ法王」と「ローマ教皇」、どちらが正しい?

コメントは利用できません。