ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その219 Apple Watch、先週末の予約だけで300万台?

昨日のブログでお伝え致しましたように、

順調な滑り出しをみせたAppleWatch

 

先週末のアメリカでの動向を調査した結果がありましたので、

早速ご紹介してゆきましょう。(Slice Intelligence 調べ)


 

先週末、アメリカ国内で予約されたAppleWatchは、95万7千台

なんと、100万台!に迫るような勢いだったんですね。

 

ちなみに、私が試算したAppleWatchの総予約数

現在のApple Watchの納期が2ヶ月待ちであり、

月間生産見込み数が150万台と言われている事を考えると、

150万台×2ヶ月=300万台近いと思われます

何とも驚きの数字です。

予約が開始される前のやけに静かな感じは、実は嵐の前の静けさだったようです。


さて、予約されたApple Watchの傾向はどうなっているのでしょうか。

結果は、以下の様になりました。

(お詫び:この調査では、一番気になるEditonモデルの調査はされておりませんでした。ごめんなさい。)

 

1.サイズ

・体の大きいアメリカ人のせいか、男性の予約が多かったのか、42mmサイズの圧勝

Apple Watch ディスプレイサイズ

 ※42mmサイズ:71%

 ※38mmサイズ:29%

 

2.モデル

・全体に、落ち着いたカラーが多いようです。

 そして、一番予約を集めたのは、

 お手頃価格Apple Watch Sport のスペースグレイモデル

Apple Watch Sport スペースグレイモデル

・全体のカラーの傾向は、この通り。

 ※Apple Watch Sport (スペースグレイモデル):40%

 ※Apple Watch (ステンレススチールモデル):34%

 ※Apple Watch Sport (シルバーモデル):23%

 ※Apple Watch (スペースグレイモデル):3%

 

どちらのデータからも、今回予約した方は、男性が多いような感じを受けます。

加えて、Apple Watch Sportの予約の割合が大きくなっていますね。

フィットネスのお供としての利用を考える方が多いようです。

 

しかし、長い目で見ると、

Apple Watchが販売された後、世の中に広まってゆく中で、

ノーマルなApple Watchモデルも、利用者を増やしてくるのではないでしょうか。


 

まだ、予約が開始されたばかりなのに、

これだけ注目されている、Apple Watch。

発売日まで後10日。

当日出荷に間に合った方も、そうでない方も、様子見の方も、

皆さん、指折り数えて待ちましょう。

 

では、また。

 

コメントは利用できません。