ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その212 Apple Watchのなぜ? ~心拍数の測り方~ | 株式会社K.S.D.

そういえば、どうして心拍数が分かるんだろ?

皆さんも不思議に思いませんか?

AppleWatchを身につけているだけで、心拍数が読み取る事ができる事を。

 

普通、心拍数を測るといったら、

胸のあたりの肌に直接、電極を取り付けて読み取るイメージです。

ドラマでも見かけますよね。

生体情報モニタ

しかし、AppleWatchの背面には、そんな電極は見当たりません。

では、どうやって計っているのでしょうか。

気になりますね。

 

秘密は、やはり背面にありました。

一般的な腕時計と違い、AppleWatchの背面にはLEDライトとセンサーがあります。

このLEDライトとセンサーで心拍数を測るのです。

 Apple Watch背面

仕組みはいたって簡単。

心拍する際に、血管の太さが変化する事を利用しています。

LEDライトを手首の血管に向けてあてると、

血管の太さによって反射に違いが現れます。

この反射の違いから、心拍数を読み取る事ができるのです。

 

以外と簡単そうに思えますが、

この技術は最近開発されたばかりの、出来たてほやほや

LEDの性能向上により、実現が可能になったそうなんです。

 

今のところ、あまり使用されているとはいえない、

iOSのヘルスケア機能ですが、Apple Watchの登場と共に、

一気に利用者が急増しそうです。

ヘルスケア

健康オタクの方に、

Apple Watchが馬鹿売れするかもしれませんね。(笑)

 

では、また。

コメントは利用できません。