ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その211 エイプリルフールがやってきた!YA! YA! YA! | 株式会社K.S.D.

こういう事を真剣にできる大人って、憧れます。

 

昨日はエイプリルフールでしたので、

いろいろな企業様が、

思い思いに趣向をこらしたネタで勝負しておりました。

その中で、Appleまわりがネタになっているものを、

2題ご紹介いたします。


 1.comicocomico専用スマホを読者プレゼント!

電子コミックの配信で知られる同社。

他社がヨコスクロールで読み進めるのに対して、

タテ方向に読ませる「タテ読み」を売りにしています。

 

そんな同社にもってこいのスマートフォンが誕生、

その名もLongLongPhone4.1s!

comico LongLongPhone4.1s

見てください、この長さ。半端ありません。

これなら、いちいちスクロールする必要がありません。

comico LongLongPhone4.1s

さらに、持ち運びしやすいように折りたたんだり、

電話をかけるさいには軽く曲げたりと、

とても便利になっています。

comico LongLongPhone4.1s

 あったら欲しいかも。悩みます。


2.日経BP

こちらは、まるっきりうそネタというわけではありません。

同社で出版している書籍、「ジョナサン・アイブを紹介しているのですが、

Apple好きにはニンマリしてしまうやり方になっています。

書籍「ジョナサン・アイブ」

本のデザイナーが、本にかけた想いを熱く語っているのですが、

この見せ方は、まるっきりジョナサン・アイブがApple製品を語る時と一緒

さらに、この映像につけられた音声は、広島弁

声の主は「nyoho」さん。

AppleのPVに広島弁をアテレコして、

なんともいえない味わいを醸し出してしまう事で、

Apple好きには、知る人ぞ知る存在なんですよ


 世知辛い世の中ですが、

年に一度くらいは、こんなおかしな事を、

一生懸命やる日があってもいいのかもしれません。

 

さて、来年はどんなネタで楽しませてくれるのか、

今から楽しみです。

 

では、また。

コメントは利用できません。