ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その208 Apple TV、次のWWDCで大変身?!

近頃、Apple TVのニュース、多くありませんか?

Apple TV

今月3月初めのスペシャル・イベントでは、

いきなり本体価格の値下げが発表されました。

と同時に、CNNを擁するタイムワーナーグループ

ケーブルテレビ局 HBOが来月4月から始めるストミーリングサービスHBO Now

6月末までApple TVにて独占配信を行うというニュースがありました。

その後も、相次いでTEDCNN.go等のチャンネルが追加される事が伝えられています。

HBO

ここ数年目立った動きのなかったApple TVがどうした事でしょうか?

次々に新しいチャンネルが決まってゆくなんて。

この後に大きな変化があるのではないか?と期待してもおかしくはないでしょう。

 

一部報道では、今年のWWDCで、

Appleは、CBSABCFOXからなる25チャンネル程度の

新たなWebストリーミングサービスを発表すると伝えられています

このサービス、Apple TVに加えて、

iPhone等のデバイスでも利用可能だと言われているのです。

Apple TV

さらに、Apple TV本体も大きく変えてくると言われており、

Siriに対応し、App storeを組み込んで、

その為の開発用にSDKを公開させるという大がかりなもの。

さらに、このSDKは、HomeKitをサポートさせて、

Apple TVを、音声認識の出来るホームコントロールのコンソールとして

位置づけようとしているようです。

HomeKit

 

また、今年のWWDCでは、iOSにBeats Musicを発展させた、

定額制の音楽配信サービスを組み込んでくるというニュースもあり、

賑やかなApple Watch関連のニュースに隠れて、

Appleは、新たなコンテンツ戦略を進めつつあるようです。

 

 Apple Watchだけではなく、

 今年のWWDCも楽しみになってきました。

 

では、また。

コメントは利用できません。