ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その200 最近のAppleに一言 | 株式会社K.S.D.

Appleの話題をご紹介してきました、このブログ。

今回で200回を迎える事ができました。

ありがとうございます。

これからも、気になる話題をどんどんご紹介してまいります。

よろしくお願い致します。

 

さて、200回記念の今回は、

いちAppleユーザーである私が、

最近のAppleに思うことを綴ってみました。

どうぞお付き合いください。

 

このブログでも何度かお話致しておりますが、

今のAppleは、ティム・クックのAppleです。

もうスティーブ・ジョブズのAppleではありません。

ジョブズの遺したカルチャーは息づいていますが、

それでも、同じものではないのです。

Tim Cook

ティム・クックは、ジョブズ自身が、

新世代のAppleを任せただけあって、

その経営手腕には、目を見張るものがあります。

事実、Appleの株価を、時価総額世界一にまで

押し上げています。

 

ただ少し残念なのは、

最近の、iOS8.01アップデート・トラブル等で見られるように、

プロダクトへの粗さが見えてきているように感じられる事です。

iOS8

自社のプロダクトへのこだわりより、

マーケティングを重視しているのでは?と勘ぐってしまったりします。

 

確かに、マーケティングは、

会社の経営にとって、大切な事です

ただ、そのマーケティングも、

肝心なプロダクトがしっかりあってのものです

そうでなければ、張り子の虎でしかありません。

 

いまやAppleも、

追うものから追われるものになりました。

ちょっとしたミスも、ここぞとばかりに叩かれてしまいます。

だからこそ、送り出されるプロダクトには、

よりこだわりを感じさせて欲しいと思うのです。

 

では、また。

コメントは利用できません。