ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その198 知られざるスティーブ・ジョブズ | 株式会社K.S.D.

あなたの知っているスティーブ・ジョブズとは、どんな人でしょう?

これからご紹介する本は、その思いを覆してしまうかもしれませんよ。

 

そのタイトルは、

Becoming Steve Jobs : 

The Evolution of a Reckless Upstart into a Visionary Leader

(スティーブ・ジョブズになる。

無謀な成り上がりが、洞察力のあるリーダーになるまでの進化とは)

Becoming Steve Jobs 

タイトルからして、ちょっと刺激的ですね。

無謀な成り上がり(Reckless Upstart)ですもの。

 

この本では、

ジョブズと関わりのあった数多くの人へのインタビューを通して、

彼の真の姿を描き出そうと試みています。

 

ちょっと中身をご紹介してゆきましょう。

驚きの連続です。


 その1:ジョブズは、テレビに興味がなかった?

今までジョブズは、テレビを再定義する事に

関心があると言われてきました

しかし、Appleのデザイン責任者である

ジョナサン・アイブによると、

テレビに全く関心がなかった!との事

 

あれれ。Appleの新しいテレビ、楽しみにしていたのに。

これでは実現しないわけです。


 その2:ジョブズは、ティム・クックからの肝臓移植の申し出を断っていた。

ガンの闘病中に、自分の肝臓を移植してくださいと申し出たティム・クックに、

手術は絶対にしない」と、烈火のごとく怒ったそうです。

 Cook&Jobs

一説には、自分の体に手を入れられるのがいやだったとも言われるジョブズ

この時、もし移植を受け入れていたら、

まだ存命だったのかもしれないかと考えると、

悔やまれますね。


 この本の筆者の一人、ブレント・シュレンダーは、

アメリカのForbesWall Street Journal等で活躍し、

ジョブズとも長年親交がありました。

以前このブログで紹介したビル・ゲイツとジョブズの対談での

インタビュアーも彼だったとの事。

 Steve Jobs @FORTUNE006

そんな彼が携わったこの本。

もっと、読んでみたいと思うのですが、

現時点では、日本語版の予定は未定のようです。

 

どこかの出版社様。

日本語版書籍化、

どうかよろしくお願い致します。

 

では、また。

コメントは利用できません。