ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その196 Apple Watch四方話 | 株式会社K.S.D.

スペシャルイベントが終わった事もあり、

Apple Watchの情報が徐々に増え始めたようです。

今回はちょっと変わり種っぽいニュースを

まとめておきましょう。


 ・Apple Watchに使用される18Kゴールドは、

 Appleが特許を持つ製法で生み出す特別製。

ゴールドにセラミックをを混ぜ合わせた金金属基複合材料というものとの事。

通常の金よりも強度を高め、金の含有量を減らす事ができるのだそう

Apple Watch 18K

Apple Watchで使用されるゴールドの製法については、

昨年2014年12月に、Appleが特許を取得したもの

用いていると考えられています。

時計ですから、衝撃に強い事は大事ですが、

金としての価値は下がっているような気がするのは、

素人考えなんでしょうか・・・。

 

・Apple Watchを着けたままて、シャワーは無理

ティム・クックがインタビューで語っていた、

「例え、シャワー中でもApple Watchを外したくない」ってコメントは、

願望だったようです。

実際には、生活防水よりもましなレベルです。

Apple Watch NG

こんな使い方は、出来ません。

汗をかいて濡れてしまったり、

手洗いの時に水はねがかかっても大丈夫ですが、

絶対に、シャワーやお風呂はNGです

※参考までに、Appleの仕様によると、Apple Watchは、

IEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能」を持つそうです。

これは、「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても

内部に浸水しない」との事なんですって。

 

・Apple Watchのバッテリーは交換可能

iPhoneや他のデジタルガジェットと違い、

Apple Watchは腕時計でもあり、数年以上の使用が考えられます。

Appleの広報が明かした処によると、

バッテリーの寿命は3年間交換もできるそうです。

Apple Watchの充電方法

※Apple Watchの充電方法

ならば、アップグレードとして、

メインのCPUやメモリーの交換も出来ると良いのにね。

その辺は、まだはっきりしていません。残念。


 

さて。いかがでしたか?

他にも取り上げたかったのですが、

今回は、この辺で。

 

では、また。

コメントは利用できません。