ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その19 どうする、どうなるApple TV | 株式会社K.S.D.Apple TVって覚えてますか?

iTune Sroteで配信されている動画コンテンツや、

iPhoneiPadMacintoshに保存されている動画を共有して、

家庭の大きなディスプレイで楽しめるようにしたセットトップボックスの事を。

Apple TV

Appleも強くプッシュしていないので、もう忘れてやしませんか?

聞こえてくるのは噂話だけなので、あまり期待できないのもうなずけます。

2007年に発売されてから、既に7年。

※ちなみに、初代発売当時のアメリカでのCMがこちら。

派手さはありませんが、Appleのハードウェア同士で共有できる様が、よく分かるCMです。

ハードウェアは、既に3代目になりますが、特に目立った進展はありません。

強いて言えば、最近日本法人を日本テレビが買収した事で有名になった

huluに対応した事くらいでしょうか。

 

そんな事を言うおまえはどうなんだ?

Apple TVを購入しているのか?との声が聞こえてきそうです。

すみません。まだ購入していないんです。

加入しているスカパーを乗り換えるほどの魅力が見いだせなくて・・・。

 

Apple TVは、このまま単なるセットトップボックスのままなのでしょうか?

いえ、そんな事はないと、私は希望を込めて思っています。

スティーブ・ジョブズは、生前「テレビはつくらない」と言っていたと言われていますが、

なくなる前に「とっても使いやすいテレビを作るにはどうすればいいか、ようやくつかんだ」とも

語っていたとも伝えられています。

 

それ故、自分はこう思うようにしています。

ようやくつかんだ、ジョブスの思いもしないひらめきが、まだ実現できないだけなのだと。

そうでなければ、未だにモデルチェンジを繰り返している理由に納得がいきません。

Apple TVは、単なる配信コンテンツの受け皿ではなく、

いずれ、私たちが思いもよらない、今までの常識を覆すようなサービスを盛り込んでくると

思っているのは、この私だけなんでしょうか?

 

ちょっと思い入れが強過ぎですね(っww)

それでは、また。

コメントは利用できません。