ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その176 危険!お風呂のお供にiPhone | 株式会社K.S.D.

お風呂、好きですか?

 

この時期、温かさのあまり、ついつい湯舟でのんびりしてしまったりして。

そうなると、長居のお供に、いろいろ持ち込んでしまうのが人の常です。

単行本の小説や雑誌、お風呂用のラジオテレビと、

皆さん、思い思いに楽しんでいらっしゃるようです。

 バスタブ

驚いた事に、こうした中には、

iPhoneiPadを持ち込むツワモノもおられるようなんです。

防水とか大変そうだなぁと思っていましたが、

ロシアで恐ろしいニュースが起きてしまいました。

iPhone4を浴室に持ち込んで、SNSを楽しんでいた女性が

お亡くなりになってしまったそうなんです。

 

モスクワタイムスの報道によると、

iPhoneに接続していたモバイルバッテリー

誤って浴槽に落ちたことによる感電

その原因だといいます。

 

怖つ!

iPhoneだけならともかく、モバイルバッテリーはいけませんよね。

小さくともバッテリーですもん。

そんなシロモノを、お風呂に持ち込むなんて。

ちょっと信じられません。

 iPhone&ライトニングケーブル

でも、調べて見ると、この手のニュースが結構あるんです。

モバイルバッテリーを繋いでいた状態でのお風呂での感電死。

そして、iPhoneだけではなく、iPadでも、同様な事件が起きていました。

特にビックリしたのは、充電器を持ち込んでいたケースがあった事。

それってもしや、コンセントに繋がっていませんか?って話です。

いくら何でも不用心すぎではないかと。

 

iPhoneiPadは、電子機器なんです。

おまけに、お風呂で使用する事は全く考えられておりません。

だから、水気の多い浴室では、

取り扱いに、じゅうぶん気を配らないと危険です。

充電なんてもってのほか

 

皆さんも十分気をつけて、

お風呂ライフを楽しんでくださいね。

 

では、また。

コメントは利用できません。