ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その175 おや、このiPhone用のレンズ、どこかで見たような。 | 株式会社K.S.D.

♫地獄を見れば、心が騒ぐ〜

あ、ごめんなさい。

年期の入ったマニアの方ににしか、元ネタが分かりませんね。

 

今回ご紹介するのは、そんな気分にさせる、

iPhone5&5s用のカメラレンズです。

iZZI Slim レンズ

iZZI Slim レンズ

複数のレンズが用意されていて、用途によって使い分けるんです。

用意されたレンズは、2倍望遠・魚眼・広角&マクロの4種類。

 

このレンズを切り替える際には、なんと!

レンズ台を回転させるんです。

こいつは、ニクイ!たまらん!

 

本当に、こいつにソックリです。

ターレットレンズ@ボトムズ

ターレットレンズ@ボトムズ

装甲騎兵ボトムズターレットレンズに。

 

ちなみに、このアニメが放送されていたのは、

1983年(昭和58年)なので、殆どの方が知らないでしょう。

しかし、当時のアニオタには、結構人気あったんです。

外伝としてシリーズが続いているくらいですから。

 

おっと、話がそれてしまいました。

このレンズを開発したのは、アメリカのiZZi Gadgets

クラウドファンディング、kickstarter出資を募り、販売にこぎつけたメーカーです。

彼らも、まさか日本で、自社のレンズが

こんな取り上げ方をされているとは、想像していない事でしょう。

 

日本で販売されるモデルは、Orbit Pro とSlimの2種類。

Proモデルは、本体がアルミ製で、色は5色。税込3万8千232円。

三脚にも固定出来るようになっています。

izzi Orbit Proモデル

izzi Orbit Proモデル

そして、Slimモデルは、ポリカーボネート製で軽量化したモデルです。

色は2色で、税込1万3千824円です。

iZZI Slimモデル

iZZI Slimモデル

 

iPhoneでちゃんと写真を撮りたい。

でも本格的なレンズは、ちょっと気が引けるなぁという方に

このレンズはお勧めです。

レンズを切り替えて、いろんな表現が楽しめます

 

では、また。

コメントは利用できません。