ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その172 Apple、いよいよGoogleの領域に踏み込む? | 株式会社K.S.D.

世界一のインターネット検索サイトといえば、誰もが知っているGoogle

Appleとは長きにわたり、良好な関係を保っていました。

しかし、Androidの開発が明らかになった辺りから、雲行きが怪しくなります。

今では、関係は冷え切ってしまい、GoogleMapに対抗するように、

iPhoneの純正アプリに「マップ」を導入するなど、

Google離れを打ち出すまでになっています。

 

そんな中、AppleがさらにGoogleの領域へ踏み込もうとしていると

思わせるニュースがありましたので、ご紹介しましょう。


 ニュース・その1:Apple、純正アプリのマップに、

ストリートビュー機能を搭載? 撮影車両が目撃される。

 

・アメリカ サンフランシスコ州にて、

複数のカメラとセンサーを搭載した謎の車両を、地元メディアClaycorが目撃。

CBSによると、Appleがリースした車両であるとの事。

 

これが、その撮影車両。

Appleの撮影車?

Appleの撮影車?

Appleの撮影車?

Appleの撮影車?

確かに、Googleのストリートビュー用撮影車両に似ていますね。

 

今すぐではないにしろ、Appleがストリートビュー的な機能を

純正アプリ「マップ」へ搭載しようとする試みが行われているのは、

間違いないようです。


ニュース・その2:Appleが、 検索に革命を起こす?

Apple Searchプロジェクト、求人募集中

 

・Appleが自社のサイトで、

Apple Searchという謎のプロジェクトの求人を開始しています。

求人内容は、このプロジェクトのマネージャー。

Apple Search の求人募集

Apple Search の求人募集

プロジェクトの詳細は、はっきりとは書かれておりませんが、

数億人のユーザーをサポート」するプロジェクトであるといいます。

パーソナルコンピュータやモバイルの使用方法に

革命を起こす」ものなのだとも。

 

・ちょっと漠然とし過ぎていますので、真意を掴みかねますね。

もしかすると、Macintosh内のデバイス検索を行うSpotlightの

単なる発展形なのかもしれません。

しかし、「革命を起こす」と言う程のプロジェクトであれば、

単なる検索ではない、優秀な執事のようなものを期待してしまいますね。


ご紹介したニュースは、いずれもまだ試みの段階ではありますが、

個人的には、Appleの隠された野心が透けて見えた気がします。

近い将来、Appleが自社製品に、自社の検索エンジンを搭載する事まで

視野に入れているのではないかと。

 

では、また。

 

コメントは利用できません。