ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その170 App Store 残酷物語絶好調なiPhoneシリーズの恩恵を受けて、

App Storeも好調をキープ。安定した売上をAppleにもたらしています。

App Store

App Store

その好調さをささえるのは、豊富なアプリの数々。

毎日新しいアプリが、続々と登録されています。

昨年の12月時点において、

App Storeに登録されたアプリの数は137万にものぼります。

なんとも途方もない数です。

 

これだけの数のアプリがあるという事は、

何とかAppleの審査をクリアして、App Storeに登録されても、

殆ど人の目に触れないアプリもまた数多くあるのでは?と思いますよね。

 

アメリカのadjust社調査した結果があるので、見てゆきましょう。


 1.App Storeのトップ300に、調査期間の2/3の間、ランクインしているアプリの割合

・2014年1月 26% (全アプリ数:約89万)

・2014年12月 17.2% (全アプリ数:約137万)


数値で見せられると、驚きです。

登録されたアプリのおよそ8割は、人に知られないままなのです。


2.1をジャンル別に見た割合の上位&下位3ジャンル

・上位3ジャンル

・天気 50% (全アプリ数:約8千)

・ニューススタンド 48% (全アプリ数:約1万6千)

・ナビ 30% (全アプリ数:約4万)

・下位3ジャンル

・ビジネス 9% (全アプリ数:約19万)

・ライフスタイル 15% (全アプリ数:約25万)

・教育 15% (全アプリ数:約22万)


上位と下位の差がはっきりしています。

専門性の高さが必要な天気やニューススタンドは、

アプリ登録者も限られる為、半数近くは認知されています。

それでも、既に3位のナビでは、認知度が3割と下がっているのが印象的です。


いかがですか。

App Storeの激戦ぶり、感じて頂けたでしょうか

 

それ故、こんな禁じ手に走ってしまう業者もいるようです。

アプリレビューの不正渡鹿?

アプリレビューの不正渡鹿?

場所は中国。資金を投じて、自社のアプリを購入。

レビューの☆を5つ星にして、

絶賛コメントを登録している処といいます。

こうすると、見せかけの人気アプリのできあがりです。

いやはや、恐るべし。

 

では、また。

 

(参照:Tech Crunchgori.me

コメントは利用できません。