ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その157 嵐の前の静けさ?iTunes&iPod | 株式会社K.S.D.今世紀初め、Appleの躍進をiMacと共に支えてきたiPod

そして、iTunes

なにやらひそかな動きがあるようです。

 

☆iPodシリーズは、モデル集約?それとも終了?

昨年のiPod Classicの発売終了に続き、

iPod shuffleに、出荷調整と思われる動きがありました。

ipod shuffle

ipod shuffle

本日時点におけるApple Online Storeの納品予定は、7~10営業日に伸びています。

前例を踏まえると、これは新モデルの登場待ちか、

販売終了のどちらかではないかと思われます。

 

残念ながら、新モデルへの望みは厳しいかもしれません。

昨年2014年、AppleのCEO、ティム・クックは、

iPodシリーズについては見直しを示唆する発言をしています。

 

もし、可能性があるとすれば、

iPod Touchか、iPod Nanoのどちらかを残すだけではないかと考えます。

今は、その準備段階なのでは、ないでしょうか。

おそらく、Apple Watchの登場と共に、iPodシリーズにも動きがあるような気がします。

 

☆beatsを取り込む?iTunes

Appleが30億ドルの巨額をはたいてまで買収したbeats。

その後目立った動きを見せていません。

しかし、いくつかの報道によると、beatsが持つ定額性のストリーミングサービス、

beats musicを、iTunesの一部としてサービスを提供するのではと報じています。

beats music

beats music

噂されるその開始予定は、3月頃との事。

 

事実、音楽配信サービスは、ダウンロード販売から定額制のストリーミングサービスへと

移行しつつあり、特に、Spotifyの欧米での急成長は、めざましいものです。

Appleも重い腰を上げて、いよいよストリーミングサービスに進出するようです。

 

☆キーワードは、やはりApple Watch?

この2つの動きを見ていると、

いずれもApple Watchの登場にあわせて動いているように思えます。

まるで、Apple Watchのスタートと共に、

新しい戦略を展開しようとしているかのようです。

今年のApple、昨年以上に変わってゆきそうですね。

 

では、また。

コメントは利用できません。