ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その151 2014年、Apple大反省会!(個人的に) | 株式会社K.S.D.いよいよ2014年もあと僅か。

皆さんの2014年は、いかがでしたか。

 

このブログも、今年はこれがラストになります。

そこで、今回は、Appleの2014年を、個人的に振り返ってしまう大反省会!です。

ちょっと飛ばし気味ですが、それもほとばしるApple愛って事で、どうかご容赦ください。

 

その1:iPhone、6&Plusにて遂に大型化。売れゆき絶好調!

・例年通り9月に発売したiPhone6&Plus

iPhone6

iPhone6

かねてから噂されていた通り、ディスプレイが大型化。Android勢と肩を並べました。

ディスプレイの大型化を待ちわびていたユーザーが一気に飛びつき、

発売台数は、史上最高の売れゆきで推移しているようです。

 

今やAppleの屋台骨を支えるiPhone。これで、Appleもしばらくは安泰ですね。

ただ、新興勢力である中国勢が、スマホ業界で幅をきかせつつあるのが、悩みの種。

 

その2:Apple Watchの発表、Apple Payのスタート、beatsとの合併、IBMとのコラボと、新しいチャレンジが目立った年

・スティーブ・ジョブス没後3年が経ち、現CEOティム・クック体制でのプロジェクトが

徐々に実現しつつあるように思われるように、新しいチャレンジが多かった1年でした。

ジョブス時代とは違い、よりビジネス面を意識した展開には、

かつての大胆な策で、世の中を驚かせてきたAppleを知っている世代の一部から、

戸惑いの声もあるように見受けられます。

個人的には、スティーブ・ジョブスが築いてきたAppleを、

ティム・クックが盤石にしていく為の変革の時代に入っていると思います。

今までの革命的なチャレンジは、なかなか現れてこないかもしれません。

 

その3:Appleの時価総額株価が、史上最高額をマーク!しかし、不安な面も。

・今や世界最大の株価時価総額のApple

徐々に株価が右肩上がりに上昇を続け、11月には時価総額7千億ドルにまでなりました。

(現在は、やや下落して落ち着きを見ているようです)

 

一見、順調に見えますが、iOS8.0.1アップデートでのバグやiCloudのデータ漏洩、

iPhone6の強度問題など、大きなトラブルが散見された年でもありました。

ちょっと脇が甘くなっているような感じが致しますね。

驕れる者、久しからずの喩えにもあるように、品質管理には注意して欲しいところです。

 

とまあ、いろいる、もの申してきましたが、Appleへの想いは変わりません。

本年は、このブログにお付き合い頂きありがとうございました。

来年2015年も、このブログにてAppleの事を取り挙げて参りたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

 

それでは、良いお年をお迎えください。

では、また来年。

コメントは利用できません。