ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その15  iPodの思い出株式会社K.S.D.

今日のテーマは、携帯音楽プレイヤーとして、

時代を席巻したiPodについて、お話ししてゆきましょう。

 

初代の登場は、2001年。この時は、Macintosh専用でした。

それ故、その時点では、新しもの好きなAppleが、

新しいガジェットを出した、その程度の印象しかなかったのです。

それでも、5GBの記憶容量は、当時の他のプレイヤーの中では、

ずば抜けて大きく、高音質でした。

何より、メディアの入れ換えがないのは、画期的でした。

ipod first

体験している人は判ると思いますが、

アルバム毎にテープやディスクを入れ替えるのは、意外と面倒な作業なんです。

そしてアルバムの数だけ、メディアを持っていないといけないので、

そんなに多くの曲は持ってゆけません

だから、iPodの自由さは、とても魅力的だったんです。

自分も発売当時、即、購入しました。

外出の際のマストアイテムでした。

その後、Windows対応になり、バリエーションも増え、

携帯音楽プレイヤーのメジャーアイテムになりました。

 ※今までに発売されたラインナップの一部です。

 あなたの持っているモデルはありましたか?

iPod lineup

ただ、iPodが革新的だったのは、ハード的な面だけではありません。

2003年にスタートした、自ら音楽配信サービスを行うiTune Music Storeの存在です。

このサービスこそが、その後のAppleの道筋を決めたと言っても過言ではありません。

ハードそのものから、その中身であるコンテンツを含めたサービスの提供。

これが、21世紀を迎えたAppleの姿であると、世界に向けて発信したのです。

その後、iTune Storeと名を変え、配信するコンテンツも、

音楽だけではなく、映画やテレビ番組、ポッドキャスト等多彩になりました。

今やコンテンツを提供する会社として、Appleは無視できない存在です。

us-itunes-store

スティーブ・ジョブズが、iPodを始めた時、どこまで想定していたのでしょう?

それは判りません。もしかしたら、ハードありきだったかのもしれません。

しかし、コンテンツ配信というひらめきを生み出し、

それを形にしたのは、彼の恐るべき実行力の賜物なのだと思います。

でなければ、海千山千で知られるエンターテインメント界の人間たちを

納得させる事はできないでしょう。

 

では、また。

コメントは利用できません。