ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その149 iPadがMacのセカンドディスプレイに!? ~Duet Display~ | 株式会社K.S.D.ツインディスプレイ。いいですよね。

表示できる面積が増えて、多くのフォルダや書類を同時に開けるので、

作業が捗ります。

でも、ディスプレイを2台そろえるのは、

コストもさることながら、スペースの問題も無視できなくて、

二の足を踏んでしまいがちです。

 

今回ご紹介するDuet Displayは、そんな悩めるあなたにお勧めのアプリです。

もし、あなたがiPadMacintoshの両方を持っているなら、

iPadがMacintoshのサブディスプレイとして使用できるようになるのです。

DuetDisplay

DuetDisplay

接続に必要なのは、iPadにアプリMacintoshにドライバーのインストール。

そして、iPadとMacintosh本体を、Lightningケーブルで接続するだけという

お手軽さ。

iPadですから余計なスペースを取りませんし、

表示スピードも早くて、ほぼ遅れなく表示できるのが魅力的です。

こんな優れもののDuet Displayですが、幾つか気になる点もあります。

1つは、Macintosh本体側のスペックに影響されてしまう事。

古いMacintoshでは、表示スピードが遅れるかも。

 

もう1つは、バッテリーの消費量が多い事。

MacBookのようなノートブックとの接続では、残量チェックが欠かせません。

 

こうしたポイントを踏まえても、

いつでもどこでも、iPadをセカンドディスプレイとして使用できる便利さは

揺らぐことはありません。

アプリの購入にかかる代金は、なんと1500円

あなたも購入してみませんか。

 

では、また。

コメントは利用できません。