ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その145 2人のスティーブが出会うきっかけになった人物とは? | 株式会社K.S.D.Appleの2人のスティーブ、スティーブ・ジョブススティーブ・ウォズニアック

皆さんも、この2人の事は、良くご存じですよね。

では、この2人が出会うきっかけになった、

ビル・フェルナンデスについてはどうでしょう?

今回は、Apple最初の従業員でもある彼、

ビル・フェルナンデスについて、触れてゆきしょう。

ビル・フェルナンデス

ビル・フェルナンデス (From: BUSSINESS INSIDER)

ビル・フェルナンデスは、5歳の頃にカリフォルニアへやってきました。

彼の家の隣に住んでいたのが、ウォズニアックです。

年齢差はあるものの、電子機器が好きという共通の趣味を通じて、

2人は親密になり、自作コンピュータ作成に没頭していました。

 

そんな中、フェルナンデスは、ウォズニアックに、中学からの友人を紹介します。

その友人が、ジョブスでした。

ウォズニアックとジョブスは、お互いが、相手の良き理解者となり、

紆余曲折の中で、Appleは誕生します。

2人のスティーブ

2人のスティーブ

ジョブスが、Appleの業務で手一杯となり、助けを求めたのが、フェルナンデスです。

彼は、フルタイムの従業員の第1号として、1977年Apple に入社します。

しかし、その後の彼の人生は、波瀾万丈です。

 

AppleIIの成功により、大成功を収めたAppleのストックオプションのやり方に

異を唱えて、1978年に退社。

数年後に、Macintoshの開発チームの一員として復帰を果たし、

ユーザーインターフェイスの開発に心血を注いでいます。

しかし、不振に喘いでいたAppleのリストラにより、1993年に解雇されてしまいます。

いくつかの企業での経験の後、

1988年に自分のコンサルティング会社、Bill Fernandez Designを興します。

2013年、omniboticsを新たに興し、活躍を続けています。

 

もし、フェルナンデスががいなかったとしたら、一体どうなっていたでしょうか?

Appleは存在せず、現在のパソコンやスマートフォンも、

全然違ったものになっていたでしょう。

 

ほんの小さな1つの出会いが、その後の未来を大きく変えてしまうんです。

それは、私たちにも起こり得るのです。

そう思うと、毎日の巡り合わせの1つ1つを大切にできるのではないでしょうか。

 

では、また。

コメントは利用できません。