ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その144 セキュリティ対策で守られるTouch ID | 株式会社K.S.D.iPhone5sから搭載されたTouch ID。

とっても便利なので、利用してる方も多いはずです。

例えば、ロック画面からのパスコード入力。

自分も、Touch ID任せは当たり前になってます。

Touch ID

iOS8以降では、Apple Payやアプリによる使用も可能になりましたので、

今後、Touch IDは、どんどん活躍してくるはずです。

 

さて、このTouch ID、セキュリティ対策の為に、

本体のCPUとペアリングが行われているってご存じですか?

だから、Touch IDが壊れた時に、部品だけ交換すると、

もう指紋認証の機能が使えなくなってしまうのです。

そうなると、単なるホームボタンと化してしまいます。

 

TouchID・構造

TouchID・構造

Apple Payに代表されるように、Touch IDが扱うデータは、

高度な秘匿性が求められる個人情報です。

故に、Touch IDでは、他にも暗号化など数々のセキュリティ対策が施されており、

その修理も、Appleに依頼しないといけません。

 

そこで、みなさんにご注意を。

iPhoneで良くある修理ってなんでしょうか?

そう、ディスプレイ破損の交換修理です。

この際、一部の修理業者の中には、価格を抑える為に、

ディスプレイとTouch IDを丸ごと交換してしまう業者もいるそうなんです。

 

もし、ディスプレイ交換を修理御者に依頼する時には、

必ずTouch IDを交換しないように確認しておきましょう

それができないなら、別の業者を当たるのが無難です。

 

では、また。

コメントは利用できません。