ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その143 生産中止のiPod Classicが大人気? | 株式会社K.S.D.このブログでもご紹介致しましたが、

iPhone6の発売開始や、Apple Watchの発表の陰で、

人知れず生産終了したiPod Classic.

CEO ティム・クック曰く、

部品調達が難しいのが難しくなってきたのが理由との事でした。

iPod Classic

iPod Classic

このiPod Classic、特に、160GBの大容量を誇る最終モデルの

市場に残っている新品の価格が、どんどん高騰しているそうです。

 

イギリスのガーディアン誌の記事では、

今年一番「アツイ」クリスマスプレゼントと紹介され、

アマゾン・イギリスでは、最高額がなんと定価の4倍

670ポンド(約12万6千円)にまで跳ね上がった事がありました。

 

そこまで。極端ではないにしろ、ebay・イギリスでも

350〜500ポンド(66,500〜98,000円)と、

最低でも定価の倍以上出さないと手に入らない状況です。

 

なぜ、ここまで価格が跳ね上がってしまったのでしょう?

まず、なんと言っても、大容量である点でしょう。

Spotifyに代表されるストリーミングサービス が人気とは言え、

やはり、自分で所有していたいと思う層も、まだまだ存在しています。

そうなると、やはり大容量なのは捨てがたいんですよね。

 

そして、現在、iPod Classicを持っているユーザー達の

いざという時の保険としての購入もあるようです。

現在のプレーヤーで、これほどの大容量のモデルが無い為、

今使っているiPod Classicが壊れた場合の予備目的に購入するんです。

自分もユーザーなので、その気持ちはとーっても理解出来ます。

 

ちなみに、日本も例外ではありません。

価格がどんどん高騰中です。

アマゾン日本では、6万9千800円(12/8時点)、

ヤフオクの出品価格でも、最低でも5万円前後になっています。

 

もし、お財布に余裕があるなら、在庫がある今のうちに

購入しておいた方が良いかもしれません。

自分は、ちょっと厳しそうです。無念・・・。

 

では、また。

コメントは利用できません。