ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その142 ぶっちゃけ過ぎ、ウォズ!Appleの社員番号1番って誰が持っているか、ご存じですか?

 

スティーブ・ジョブズ? 残念。彼は、0番。

正解は、Appleのもう1人のスティーブ、スティーブ・ウォズニアック

Apple IやIIの開発・設計をほぼ1人でこなしたとされる、生ける伝説です。

 

彼が受けた数々のインタビューを見聞きしましたが、

本当に、コンピュータ好きといううか、ギークなんだなぁと思わされます。

その時感じている事を、率直に語ってくれる人です。

 

そんな彼が、Bloombergのインタビューでぶっちゃけてくれました。

今や神話とも言えるような、Apple創生期の頃の逸話に触れているのですが・・・・。

 

その1:Appleのガレージ伝説 は、ちょっと大げさ。

いきなり、そこをぶっちゃける!

Appleがスティーブ・ジョブズのガレージで創業したのは、有名な話です。

ただし、巷で伝わっているような、Apple Iの開発・設計とか

全てがおこなわれていた訳ではないんですって。

 

出荷前の起動チェックとかはしてたそうですが、

実際の基礎設計や開発などはは、ウォズが当時勤めていた

ヒューレット・パッカードにあったベッドルームだったそうです。

Apple I

Apple I

 

その2:ジョブズは、Apple IIの頃から、変わったね。

ジョブズは、常に世の中を良くしたいと考えていたと語るウォズ。

実際にものを生み出す事はできなかったけど、いろんな役立つアイデアをくれたそうです。

ただ、Apple IIの開発・設計を行う際に、多額の有志を受けた事が、

彼をビジネスマンへと変えていったんだそう。

ジョブスとApple II

ジョブスとApple II

 

その3:Apple Iは、革命を起こすコンピュータだと確信していたよ。

ウォズは、Apple I を評して、

コンピュータの歴史を変えるものだと確信していたんだと言います

世界で初めてのキーボードとディスプレイを備えたコンピュータであり、

キーボードを叩くと、叩いた文字がディスプレイにすぐ表示される事ができたから。

 

他にもいろいろ語ってくれていますので、気になる方は、こちらをどうぞ

インタビュー後にApple IIを組み立てて、起動するのを確認する彼の姿は

今も変わらない、ギークな彼でした。

 

では、また。

 

参考:Bloomberg

コメントは利用できません。