ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その14  個性的なCMたち株式会社K.S.D.

604px-Apple_logo_Think_Different_vectorized.svg

前回に引き続き、今回も私の独断でお届けする、AppleのCMセレクションです。

AppleのCMは、同業他社とは違って、いずれもとても個性的なものばかり。

時に強烈なメッセージを放ち、時にユニークなメッセージで皮肉ったり。

数あるCMより、私が好きなものをいくつかご紹介しますね。

 

まずは、こちら

1984年、Macintosh発売前に流されたCMです。

当時の巨人 IBMを、独裁者と痛烈にdisる、思い切りとんがったメッセージに驚き。

監督は、エイリアンブレードランナーでおなじみの、リドリー・スコットです。

おや、もしかしたら気づかれました?実は、このCM、リメーク版です。

よく見ると、その当時は存在しないiPodを身についているんです。

(オリジナル版が見たい方は、こちらから)

 

次は、スティーブ・ジョブズ復帰直後、1997年に開始されたキャンペーン

Think differt のCMです。

「人とは違う考え方をしよう。世界を変えるのは、本気で世界を変えられると思う、

人とは違う考え方の人たちなんだから。」という、これまたメッセージ性の強いCMです。

これは、放送はされなかった、スティーブ・ジョブズ自身がナレーションを努めたもの。

ナレーションは、こう始まります。「Here’s to the crazy ones.」

ジョブズ自身が、「crasy ones」と言うのには、ニヤリとしてしまいます。

「それ、あんたのことや」とツッコミたくなって、仕方ありません(おいおい)。

 

さて、ちょっと濃い目のが続きましたので、ここからは軽めに参りましょう。

3つめのCMは、iMacが5色になった時のCMです。

おおっ!かわいいっ!愛らしい!

パソコンのCMとは思えませんよね。

流れている曲は、Rolling StonesShe’s a rainbow

ちょっと肩すかしなところが、またニクイ。

 

4つめは、2004年にU2とコラボレーションしたiPodのCMです。

かっこいいなぁ。

シルエットのキャラクターが曲に合わせて、ダンシングするこのCM。

さあ、iPodで楽しもうよってメッセージを、言葉でなく、

動画だけで伝えるところが、なんともたまりません。

iPodのCMは、いずれも選曲が素晴らしいので、

曲を探して、自分のiPodに入れてましたねえ。

 

最後は、2007年Get Macキャンペーン、日本での CMから「iMovie」編です。

見る人によって、好き嫌いの分かれるCMです。

ブラックジョークが効き過ぎなのでは、って思われる方もおられるようです。

自分としては、知る人ぞ知るラーメンズのおかげで、まるでコントを見ているようでした。

CM内のキャラクター、パソコンさんも憎めない愛すべきキャラクターに思えましたが、

皆さんはいかがでしょう?

 

他にもたくさんご紹介したいのですが、今日はこの辺で。

では、また。

 

コメントは利用できません。