ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その132 iPhone6のメモリは1GBなのに、サクサク動くのはなぜ? | 株式会社K.S.D.iPhoneAndroidを比べる時によく言われる事の1つに、

iPhoneはサクサク動くのに、Androidはなんかもっさりしているような気がすると。

搭載しているメモリは、iPhoneの方が少ないのにも関わらすにです。

iPhone6

     VS

Android

事実、AnandTechが行ったベンチマークテストによると

iPhone6&plusは、並み居る最新のAndroid機種を抑えて、

そのスペックの高さを誇る結となりました。

iPhone6&plusのメモリは1GBですが、

Androidはその倍の2GB以上のメモリを積んでいるのにどうしたことでしょう。

 

それは、AndroidのベースになっているJAVAに原因があるのです。

JAVAは、その動作の中で、メモリ管理として使わなくなったメモリ部分などを集め、

メモリを確保するガベージ・コレクションという処理をおこなう必要があるのです。

この処理は、アプリが必要とする数倍のメモリを使用します。

スマートフォンのように、スペースが限られ、搭載出来るメモリが限られる場合、

ある程度、処理に影響が出るのはやむを得ません。

 

一方、iPhoneが使用しているiOSには、その処理はありません。

これが、iPhoneAndroidに比べて、サクサク動く理由です。

 

また、このガベージ・コレクション処理が、

搭載するメモリ容量の違いを生みます。

Androidが速い処理を行う為には、容量の大きなメモリを用意して、

ガーベージ・コレクション処理用に空きメモリを確保しなくてはなりません。

それ故、Androidは、iPhoneに比べて多くのメモリを搭載する必要があるのです。

 

iPhone6&plusのメモリが、Androidの機種より少ないからと言って、

スペックが劣っているわけではないんです。ご安心を。

 

では、また。

コメントは利用できません。