ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その130 そのネーミングセンスはないよ、スティーブ。 | 株式会社K.S.D.Macman

この名前、実はスティーブ・ジョブズが、iMacにつけようとしていた名前です。

いくらなんでも、この名前のセンスは、どうかと思います。

ちょっとあり得ませんよね。

 

あの「Think Diifferent」キャンペーン等、

数々のAppleの広告を手がけたクリエイティブ・ディレクター ケン・シーガルが、

自分の著書「Think Sinple」で、そう明かしています。

 

初めてiMacのボンダイブルーを見せられた際、

ジョブスは、シーガルや広告代理店のメンバーたちに、

こいつにMacmanという名前をつけようと思っていると告げられたそうです。

iMac

慌てたのは、シーガルをはじめとする広告スタッフたち。

SonyのWalkmanやパックマンをイメージさせてしまいますよと、

ジョブズに翻意させようとするも譲りません。

ならば、候補を5案用意して、プレゼンする事になりました。

 

その5つの候補のうちの1つが、iMacでした。

昨日のブログでお話した、「i」にはいろいろなキーワードの象徴だという話も、

このプレゼンでなされていたのです。

しかし、1回目のプレゼンでは、結果が出ませんでした。

ジョブズは、まだMacmanにご執心だったのです。

 

再度行われたプレゼンでも、

シーゲルたちは再度iMacをプレゼンに挙げ、ジョブズにプッシュし続けました。

ですが、彼の気持ちを変える事はできませんでした。

嫌いではないが、一番ではない」と。

 

その後、何があったかは定かではありません。

ジョブズが社員たちにiMacについてどう思うか聞いていたという話もあります。

結果、無事にiMacが採用される事になったのです。

 

もし、スティーブ・ジョブズが考えを変えていなかったら、

iMacはMacmanと呼ばれていたのです。

そうすると、iPhoneはPhoneman、iPadはPadmanという名前だった可能性もありました。

やっぱり、しっくりきませんね。

粘り強くiMac推しをし続けたシーゲルと代理店のスタッフたちに感謝です。

 

では、また。

 

おまけ:ちなみに、この当時、macmanは、アメリカのMidiman

自社のMIDIインターフェイスの名前にしておりました。

macman

Appleも使用許可をお願いし、断られていた経緯もあったようです。

これも、考えを変えた原因の1つかもしれませんね。

コメントは利用できません。