ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その115 iPhone6発表会場、コスト1億円以上ナリ。 | 株式会社K.S.D.生産が追いつかず、今もフル生産が続いているといわれるiPhone6&Plus

このiPhone6&Plusの発表会は、Apple Watchの初公開の場所も兼ねておりましたから、

例年に加えて気合いが入っておりました。

そのコストが、なんと100万ドル(約1億円)以上だったと報じられました。

one more thing  - cook

会場となった、デ·アンザ大学の施設のレンタル代金、イベントのためだけの

仮設ステージ、厳重な警備等々と費用がかさんでしまったようです。

報道によると、撤去費用も含めて、今回イベント開催の費用として、

大学に払った金額は50万ドル(約5千300万円)にもなったといいます。

※これは、特設の仮設ステージの建設現場。

What?

更に、大学のメディア・ラーニングセンターやキャンパスセンター等の使用料に

約15万ドル(約1千600万ドル)。

会場の設営のために撤去した手すりやガーデンの復帰費用などの合計が、

約40万ドル(約4千250万円)から45万ドル(約4千780万円)。

以上、しめて105万ドル(約1億1千万円)〜110万ドル(1億1千500万円)です。

いやはや、とっても高額ですよねぇ。

 

その額だけを見ると、何でそんなにとも思うかもしれません。

しかし、企業にとって、新商品の発表はとても重要なイベントです。

中でもその発表を行なう会場は、イベントの舞台装置として肝心な要素ですから、

だからこそ、どの企業も頭を悩ませて、選びに選びます。

 

今回、発表会の会場となった、クパチーノのデ·アンザ大学フリントセンターは、

Appleにとって、とても意味がある場所なんです。

ここは1984年、初代のMacintoshを発表した会場。

 

Appleにとっては原点とも言える場所でのイベント。

それは、後にAppleの歴史の中で転換期と言われるであろうiPhone6&Plus

新たな時代を築くはずのApple Watchの発表を行う舞台として、

これほど適した場所はないでしょう。

iPhone6

Apple Watch

この発表会へのAppleのなみなみならぬ想いを感じませんか?

iPhoneApple Watch

Appleが、この2つの商品にかける熱い期待を感じずにはいられません。

 

では、また。

コメントは利用できません。