ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その112 : Apple絶好調!な決算発表、しかし一抹の不安も・・・。 | 株式会社K.S.D.iPhoneをお持ちの皆さん、iOS8.1へのアップデートは済まされましたか?

今回は、悪魔のiOS8.01のようなトラブルもなく、気のせいか、

アップデート後は、今までよりサクサクと動作している感じです。

さらに、iOS8でなくなったカメラロールがカムバックして、嬉しい限りです。

 

このiOS8.1のアップデートが開始された10月20日、

Appleの2014年度第4四半期(7月-9月)における決算発表がありました。

売上高は、当初の予想額を上回る、421億ドル(約4兆6千億円)をマーク。

過去最高の売上高をあげています

※こちらが、公表された決算報告書です。こちらから、ダウンロード出来ます。

Apple Q4 2014 Unaudited Summary Data

※英語に自信がある方は、こちらから決算発表時のカンファレンスコールが聞けます。

 

この好決算を支えているのは、やはりiPhoneです。

売上の内の56%、237億ドル(約2兆6千億円)を叩き出しました。

また、前年同期比でみると、21%増とその好調さを証明しています。

 

やはり、9月に発売されたiPhone6&plusの出荷が順調に進んだ事が、

大きく貢献していると思われます。

今月10月には、大きな売上が予想される中国での販売も開始されており、

次回の4半期の売上げにどれだけ反映されてくるか楽しみです。

 

そんな好調の裏で、気になるのがiPadiPodの売上です。

いずれも、売上高が減少しつつあります。

iPodの場合、主力のiPod Touchが、iPhoneと商品的にかぶってしいます。

同じ事ができるなら、電話にもなり、外でもネットが使えるiPhoneにしようとという

ユーザー心理が働くのは、仕方ないでしょう。

 

問題は、iPadです。

タブレット市場が冷え込みつつあると言われる中、iPadも例外ではありませんでした。

スマートフォンの大画面化により、タブレットとの境界がぼやけつつあります。

iPhone6&plusでの大型化は、その傾向に拍車をかける事になるでしょう。

 

こんな時こそAppleの次の一手に期待したいのですが、どうでしょう。

やはり、噂の12インチサイズ iPad Proなんでしょうか。

自分は、IBMとのコラボは、タブレットでこそ、

その真価が発揮されると、思っているのですが、皆さんはどうお考えですか?

 

では、また。

コメントは利用できません。