ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その11 漢字talkからMacOS、そしてOSX&iOSへの変遷 | 株式会社K.S.D.Appleの事を語る上で、革新的なハードを支える、OSの部分を欠かす事はできません。

 

特に、Macintoshシリーズに搭載されたOSは、世界に衝撃を与えました。

その時々に応じて、呼び名は変わり、より洗練されてきましたが、

その根底に流れる思想は変わりません。

 

それは、常につかう人間の事を考えて、設計されていることにあります。

だからこそ、Macintoshは暫く触っていると、操作の基本が判ると言われるのでしょう。

実際、会社にあったパソコンのMS-DOSのコマンドを覚えるのに

とても手を焼いていたのに、自分が最初に購入したMacintosh SEは、

マニュアルを読んだ記憶が、あまりありません。

 

ちなみに、かつては、日本語専用のOSとして、「漢字talk」シリーズがありました。

その頃は、お正月に起動すると、こうして祝ってくれました。

images

あぁ、なつかしい。

 

その後、名前をMac OSに統一。

NeXTのOpenStepを元に開発されたMac OSXとして生まれ変わり、

現在では、Macの名前がなくなり、OSXになって続いています。

 

実は、iPhoneのOSであるiOSは、OSXが開発のベースになっています。

その根底には、MacのOSに流れる、人への強い想いが込められているのでしょう。

ios_evo-570x230

では、また。

コメントは利用できません。