ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その107 本当に終わってしまうのね、MacWorld | 株式会社K.S.D.MacWorld

2002年までは、日本でも行われていたMacWorld

今年2014年を最後に、来年は開催しない事が

主催のIDG World Expoより発表されました。

 

第1回の開催は1985年。サンフランシスコでした。

それから、30年。いろんな事がありました。

Appleの新商品発表も幾度となく行われました。

今やAppleを代表する初代のiPhoneは、このMacWorldで発表されたんです。

初代iPhone

 

最盛期には、年2回行われていた事もありました。

毎年1月に行われるサンフランシスコに加え、

夏にニューヨークやボストンで行われていたのです。

 

しかし、AppleWWDCに注力する為、

2009年を最後に出展を止めてしまいました。

それがきっかけだったのでしょう。

開催規模が縮小しつつありました。

名前も、2012年に慣れ親しんだMacworld Conference & Expoから、

Macworld | iWorldに変更し、心機一転を計りましたが、

上手く行きませんでした。

macworld_iworld

AppleStoreも全米各地でオープンし、

Apple商品の数々を、実際に触れる機会も多くなりました。

かつてのような一般ユーザ向けの展開イベントは

成り立たなくなっているのかもしれません。

あの頃のお祭りみたいな雰囲気をを知っている自分には、

ちょっと寂しくなります・・・・。

 

来年からは、MacITという名前でのイベントが予定されているといいます。

まだ、詳細は分かりませんが、ビジネスに特化したイベントとの事。

近日中には発表がされるそうなので、そちらを待つ事に致しましょう。

 

では、また。

コメントは利用できません。