ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その106 Appleのブランド価値、今年も世界一。 | 株式会社K.S.D.企業のブランド価値。

ファッションの世界でよく使われる「ブランド」とは意味合いが違いますが、

企業名をブランドに例えたら、どれ位の価値になるかを示したものです。

 

今回、イギリスのコンサルティング会社 インターブランドが発表した、

今年2014年のブランドランキングでは、Appleがトップで、

その価値は、なんと1,189億ドル(約12兆8,000億円)と算出されました。

Apple logo

昨年2013年に引き続き、ランキング首位となりました。

※ランキングの詳細は、こちらからどうぞ

 

ちなみに、2位はGoogleで、1,070億ドル(約11兆5,000億円)。

google_logo

その後に、コカコーラ、IBMと続いています。

トップ10の内、半分近くの4社までがIT関係なのは、驚きですね。

AppleGoogleIBMマイクロソフト、いずれもビッグネームです。)

100位までをみてゆくと、IT関係の企業は、10社以上がランクインしています。

気になるところでは、ランキングが急上昇したFacebook

facebooklogo

昨年の52位から、今年は29位と、めざましい躍進ぶりです。

※日本企業の最上位は、トヨタの8位でした。

 

では、このランキングは、どうやってはじき出されているんでしょう。

気になりますよね。

公式には、商品やサービスの売り上げ実績などのほか、

顧客の購買意思決定に与える影響力、将来収益の確かさなどを基準にしているとの事。

数学が苦手な私には、ちょっと分かりづらいです。

 

まあ、企業がどれだけ知られているかを計る、

ひとつの目安といったところでしょう。

別のコンサルティング会社が今年の5月に発表したランキングでは、

Googleが首位で、Appleは2位と報じられていましたし。

その算定基準や時期によっても変わってきますから。

 

それにしても、今や世界で知られるブランドは、

AppleをはじめとするIT関係の会社になりつつあるのは、

ネット時代と言われる現代を象徴するかのようです。

こんなたくさんの有名企業の中、Appleが一番ブランド価値があるというのは、

Appleユーザーとして、ちょっと誇らしい気分になりますね

 

では、また。

コメントは利用できません。