ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その103 やっぱり訳あり品だった?ebayのiPhoneプロトタイプ出品この数日、Apple好きの中で話題になっていたのが、

オークションサイトebayに出品されていた、iPhone6のプロトタイプと言われる品です。

一時、9万9千USドル(約1千万円!)まで、落札価格が釣り上がったものの、

落札価格がキャンセルされ、その後は入札がなくなっておりました。

おやっ?と思っているうちに、出品が取り下げられるという、

ジェットコースターのような展開を見せました。

 

出品者の説明では、入手のいきさつはこうです。

契約更新を行った処、送られてきたiPhone6

このプロトタイプだったというのです。

※これが、ebayで紹介されていた、商品説明の写真です。
外見は、一見普通のiPhone6の様ですが、ディスプレイには見慣れないアイコンばかり。
iphone pt1 11_m

なんだか怪しげな香り、プンプンです。

いくら何でも、プロトタイプ品が通常の在庫に混じるだなんて、

ちょっと出来すぎな話です。

 

では、このプロトタイプ、どこからやってきたのでしょう。

クローズアップされたのが、iPhone開発時に情報漏洩を防ぐ為に、

本筋の開発チームとは別に、カムフラージュのチームがいたという話です。

 

憶測ですが、そのチームの為のハードが、いろいろな大人の事情を経て、

出品者にたどり着いたと考えた方が自然な気がしますね。

いきなり、出品を取り下げた理由にも、納得出来ます。

それにしても、誰が持ち出したんでしょう。

 

まさかとは思いますが、高額落札を目論んで、

出品者がそれっぽく作ったって事はありませんよね・・・。

 

では、また。

 

追伸:こういった、世に出なかった偽iPhoneの事を、

Skankphone(スカンクフォン)と呼ぶのだそうです。

ebayでは、他にも2代目のiPhoneのSkankphoneも出品されていたりと、

なんともカオスな感じです。

これでは、カムフラージュが必要になるのも頷けますね。

コメントは利用できません。