ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その102 Appleさんのいけず | 株式会社K.S.D.ご存じの通り、今やAppleは、世界的な企業です。

特に、iPhoneの部品供給元ともなると、

それだけでその会社の業績を大きく左右することになります。

それ故、採用されなかった時の反動も大きく、会社の屋台骨を揺るがしかねません。

 

今回、その犠牲者が現れました。

Appleにサファイアガラスを供給していたGT Advanced Technologiesです。

日本の民事再生法に当たる米連邦破産法第11条にもとづく

倒産処理手続の申請を行ったと発表しました

サファイアグラス

GT Advanced Technologiesは、今までiPhoneのカメラカバーや

Touch ID用にサファイアガラスを提供していました。

Appleからも出資を受けており、順風満帆のように見えました。

しかし、噂されていたiPhone6&Plusのディスプレイとして

採用されなかった事が、全てを変えてしまいました。

 

iPhoneのディスプレイと言えば、日本のシャープも似たような事がありました。

sharp本社

2012年、一時的にiPadのディスプレイに採用されたことから、

幾度かiPhoneのディスプレイへの採用が取り出されました。

事業再建中のシャープにとって、大いに期待されましたが、

しかし、実現する事なく終わり、ぬか喜びに終わりました。

iPhone用に製造ラインを用意していたとも伝えられ、

そのショックは、かなり痛手だったようです。

 

今後気になるのは、Apple Watchへの影響です。

3モデルの内、2モデルがサファイアガラスをディスプレイに使用しています。

ただでさえ、サファイアガラスが品薄故に、

製造のスケジュールが遅れていると伝えられているのに・・・

発売予定が遅れたりしないとよいのですが。

 

では、また。

コメントは利用できません。