ブログ

Appleユーザー、今昔物語:その1 私とApple皆さん、こんにちは。 既にお気づきかもしれませんが、

本日からまた新たなテーマにてお話し致します。

どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、今回からのテーマは、Appleユーザーの私が、

Appleとの出会いから今に至るまでの思い出に絡ませつつ、

その諸々を語ってゆくという、俺得企画です。

どうか、しばらくお付き合いください。

Appleは、1976年に販売されたApple Iで、デビューします。

小さなガレージで起こした会社でした。その創立時のメンバーは、3人。

スティーブ・ジョブズスティーブ・ウォズニアック、そしてロナルド・ウェイン。

最後の、ロナルド・ウェインと言う名前、初耳の方もおられるかもしれません。

創立直後に持っていた株を売り払い、Appleを離れてしまいます。

 

その後、AppleIIの成功により、軌道に乗ったApple。

後継機種として、AplleIII、そしてLisaを発売しますが、

いずれも、商業的な成功を収められませんでした。

そんな中現れたのが、Macintosh

その登場は、後のコンピュータの歴史を変える程の衝撃をもたらしたのです。

 

Macintoshが販売を開始したのは、1984年1月24日

今年、2014年で30周年を迎えます。

*その当時の映像より、Macintoshを発表するスティーブ・ジョブズ

市販のパソコンとして初めて、GUIベースの操作画面を備えており、

価格も2495ドルと破格で、同じ年の5月までに約5万台以上を販売する勢いでした。 mac11sortviewmac11control

しかし、この華々しいデビューとは裏腹に、

Macintosh、そしてAppleも、

この後とんでもない大波に揉まれ、翻弄されてゆく事になります。

 

自分が初めてAplleに出会うのは、Macintosh発売開始からしばらく経った後の事です。

転職先で使用されていたのが、Macintosh IIというタイプです。

画面上を、マウスによってポインタ矢印)を動かし、アイコンクリックして操作する。

今では当たり前の操作も、当時の自分には衝撃的でした。

操作の度に、コマンドを打ち込まないと動かなかったDOSとは違い、

これからは、コンピュータが誰にでも扱えるようになると思わせてくれました。

 

本日はこの辺で。では、また。

コメントは利用できません。