ブログ

Androidは、iPhoneより壊れやすい? | 株式会社K.S.D.

統計的に見ると、Android搭載モデルは、

iOS搭載のiPhoneよりも2倍故障しやすいんだそうですよ。

Android

アメリカの携帯関係のサービスを専門に行う

Blancco Technology Groupの調査結果が、

興味深かったのでご紹介してゆきましょう。

(調査期間:2016年第1四半期 1月~3月)


1.モデルによるスマートフォンの故障率

 ・Android搭載モデル 44%

 ・iPhone 25%

・見事にAndroidの方がiPhoneより2倍近く故障率が高い結果です。

 

・特徴的なのは、Android搭載モデルの地域における故障率

 ・アジア 55%

 ・ヨーロッパ 35%

 ・北米 27%

なんと、アジアがずば抜けて故障率が高くなっています

そんなにスマートフォンを手荒く扱っているのでしょうか。


2.機種別に見る故障率

Android搭載モデルでは、シェア率の高さを反映してか、

Samsungのモデルが全体の43%を占めています。

Samsung

・モデル別の上位5位は、下記の通り。

 ・Galaxy S6 7%

 ・Galaxy S5 6%

 ・レノボK3ノート 6%

 ・モトローラMotoG 5%

 ・サムスンS6アクティブ 4%

Apple logo

iPhoneは、モデル数が極端に少ないために、

個々のモデルの故障率は、必然的に高く見えてしまいます。

 ・iPhone6 25%

 ・iPhone5c 17%

この数値だけをみると、Androidのモデルより、

故障率が高く見えがちですが、実際にはその逆なんです。


 

スマートフォンも今や単なる携帯電話の域を超えて、

ネット上での決済や、カードの代わりにもなるサービス等、

生活の一部として欠かせないツールになりつつあります。

 

スマートフォンを選ぶ際、

美しいデザイン、多彩な機能に目を奪われてしまいがちですが、

故障しにくい信頼性の高さも、選択肢のひとつとして

重要になってきているようです。

 

では、また。

コメントは利用できません。