ブログ
Pocket

Amazon、おまえもか! 垣間見えるダークサイド株式会社K.S.D.

世界で、そして、この日本においても、

ECサイトとして確固たるポジションを占めつつある、Amazon

Amazon

創生期には書籍中心だった取り扱い商品も、

今やありとあらゆる商品が購入出来るようになりました

また、音楽のダウンロード販売から始まった配信事業も、

近年、動画配信にも進出。

自社制作のオリジナルコンテンツの配信を開始し、コンテンツの充実に邁進中

Amazonプライム

顧客サービスも、Amazonプライムに加入すると、

送料が無料となり、動画も音楽も書籍も楽しめると至れり尽くせり

更に、将来的にドローンによる配送を実現させ、

より一層のスピードUPを図ろうとするなど、サービス強化にも余念がありません

 

しかし、どんなに便利でお得なサービスであっても、

商売の一環で有る限り、何らかの意図があるのです。

それは、この資本主義経済の世界における常識です。

 

Amazonにも、その片鱗が見え隠れしつつあるようです。


突然の送料無料サービス終了(Amazon日本)

今までは、Amazonプライムに未加入であっても、

発送元がAmazonなら、通常配送であれば送料は無料でした。

しかし、今月4月6日、なんの予告もなく送料無料サービスを終了

今後は、原則350円の送料がかかる事になりました。

ただし、購入金額の合計が2000円を超えると、今まで通り無料です。

Amazon発送箱

例外は、書籍関係。こちらは、今まで通り金額にかかわらず、無料のまま。


・Amazonプライムの月額料金、突然の値上げ(Amazonアメリカ)

Amazonプライムに加入しているから安心かというと、そうとは限りません。

2014年4月、アメリカのアマゾンは、Amazonプライムの年会費を

突如79ドルから99ドルへ値上げした実績があるからです。

 

日本では、現在の年会費は3千900円。

しかし、アメリカの年会費99ドル、日本円にして約1万2千円弱と比較すると、

ちょっと安すぎではないでしょうか?

今後、突然Amazonプライムの年会費が、

突然5千円に値上げになることだってあり得ない話ではありません。


Amazonの戦法は、強烈な顧客の囲い込みにあります

まず、安くオプションサービスを提供し、

顧客をライバルから奪い取ってゆきます。

こうして、ライバルたちを蹴散らし、自分たちが優位に経った時、

今度は、態度を一変させて、我がもの顔の商いを展開するのです。

 

だからこそ、Amazonの勝手にさせないためには、強いライバルが必要なのです。

期待できるのは、ヨドバシカメラが展開するヨドバシドットコムです。

今なら、追加料金なく、日本全国送料無料を展開中。

ここでヨドバシカメラには頑張って頂いて、

私たちに便利なサービスが末永く続けて頂ける様に願うばかりです。

 

では、また。

コメントは利用できません。