ブログ

体温発熱?ガラスファイバー製で衣類に応用出来るのか | 株式会社K.S.D.もしも、衣服が自分の体温をエネルギー源として使うことが出来たらいいと思いませんか??

私なんかは移動中に携帯の充電が切れることが多いので、

もし、自分の体温がエネルギー源となって、

充電が出来たら外でも途中で切れる心配がなさそう!

なんて、思ってしまいます。

そんな可能性を期待されているのが、

韓国科学技術院(KAIST)の研究者たちが開発した

人体の体温をエネルギーとして使うことが出来る素子です。

今回、韓国の研究者が開発したのは、ガラスファイバー製で衣類にすることが出来るのではないかと

期待されているそうです。

今までも同様の素子はあったようですが、セラミック製で固く、重くて変換の効率が悪かったそうです。

それと比べると、

今回開発された素子はセラミック製のものより14倍の発電能力を持っているとのことです。

 

2013年11月には、奈良先端科学技術大学院大学が配管やホースなどの局面にぴったりと貼ることが出来、

排熱の温度差によって起こるフレキシブルな熱電発電シートを開発しています。

 

今後の展望として、車の排熱を利用しエコなどにつながるとされています。

この技術の実用化には、5年後を見越して進めているとの事です。

同じく2013年6月には、

カナダの15歳?!(当時)の女の子が手の体温だけでLEDの懐中電灯を光らせる仕掛け

独力で作ったことで話題となっています。

なんと?!すごく可愛い女の子!?

と脱線しましたが、動画は最後の方で、彼女自身が手を握るだけでLEDライトを光らせています。

15歳ですごいですね!

さらに、さかのぼると、1998年ごろにセイコーやシチズンから体温で動く腕時計を商品化しています。

こんな商品が発売されていたなんて知らなかった。

というように、体温をエネルギーとしたコンテンツが結構発表されています。

コンパクトで携帯可能な電子機器が増えてきている中、

どういったシチュエーションでいかに多くの電力を供給できるか。

今後も技術の発展と実用化に大きく期待したいですね!

 

では、今日はこのへんで。

 

 

 

コメントは利用できません。