ブログ
Pocket

空を飛ぶめだま?~バルーン+ドローンの新たな可能性株式会社K.S.D.

アドバルーンってご存じですか?

かつて昭和の高度成長期には、広告や宣伝の為に

駅前デパートの屋上によく浮かんでいたのです。

空に浮かぶ風船は、子供心にテンションが上がったものです。

近頃では、なかなか見る事がなくなって、その存在も忘れかけておりました。

アドバルーン

住宅地も一軒家ばかりでなく、マンションのような高層住宅が増えましたし、

ただ浮かんでいるだけでは、ちょっと物足りないような・・・。

 

こんなバルーンに、新たな可能性がもたらされようとしています。

それは、近年何かと話題を振りまいている、ドローンとの合体技

スイスのAEROTAINバルーン型ドローンSkyeもそのひとつ。

ふわふわと空中を浮遊しながら移動するその姿は、

何とも言えない気分にさせられますね。

 

Skyeの浮力は、バルーンに詰め込まれたヘリウムガス

周囲に取り付けられた4つのプロペラによって、

今までのバルーンではなかなか難しかった

動きをリモートコントロール出来るのです。

 

おまけに、飛行時間は2時間と、

今までのドローンではあり得ない程の連続飛行が可能です。

 

開発元のAEROTAINでは、このSkyeを、

移動可能な、新たな広告宣伝のツールとして活用出来ないかと

現在模索中との事。

バルーンに広告を載せ、移動しながら宣伝するのです。

ちょっとしたイベントや、フェス、展示会の会場にもってこいですよね

人が触れると危ないプロペラも、取り付け場所が考慮されており、

底面から触るなら、全く問題ありません。

例えば、こんな感じ。

ちょっと時代遅れかと思うようなものも、

新たな発想を加える事で、生まれ変わらせる事が出来るのです。

私たちの毎日の中にも、こうしたヒントは眠っているのかもしれませんね。

 

では、また。

コメントは利用できません。